FC2ブログ

ギターって楽しいね

昔あれほど熱中したギター。 大人になって再開したのはいいけれど,いつまでも初心者のあたりをうろうろ。でも楽しいです。 まぁ言ってみれば,練習ブログ。 もう一つのブログもあるので更新はときどきってことで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BS JAPANが熱い。

日曜の夜11時におじさん世代にはうれしい番組が。

仲井戸麗市氏の「オン・ザ・ロック」が9月で終わり,

10月からは,クリス・ペプラー氏の「ザ・ロックTIMES」という番組が始まりました。

先日,一回目を見ましたが,まさに私のツボ。

イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」やママス&パパスの「カリフォルニア・ドリーミン」を取り上げ,

時代背景などとともにマニアックな話が展開されます。

2回目はボブ・ディラン,3回目はマドンナだそうです。


9月までの仲井戸さんの番組も撮り貯めているので,少しずつ見ようと思います。

家族が寝静まった週末にウィスキーでも飲みながら見るのにはドンピシャな番組です。


撮り貯めていた,と言えば,先日録画していた山田太一の「男たちの旅路」を昨日ようやく見ることができました。

中学生のころに土曜日にやっていたことを思い出します。

親が好きでよく見ていましたが,子供にとっては硬派過ぎてちょっと苦手でした。

大人になって見ると,素晴らしいドラマだと改めて思いました。


特攻隊の生き残りの中年のガードマンと若者たちのドラマですが,今見ても全然色あせていません。

戦争が終わってまだ30年くらいだったんですね。オイルショック,高度成長の終焉となんとなく閉塞感のある70年代の世相が伝わってきます。

でも,なんとなく今と比べても活気はあったような気がするんですよね。


イーグルスのホテル・カリフォルニアはものすごい名曲ですが,

歌詞からはやはりこの頃の閉塞感,倦怠感を感じます。

ベトナム戦争でアメリカが自信を失った,とBSジャパンの番組では語られていたのですが,

そういう時代だったんですね。

70年代には名曲がたくさん生まれていますが,そういう世相だからこそ,と言えるかもしれません。


もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ギター関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<これもギター…なんでしょうね。 | ホーム | 納車>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。