ギターって楽しいね

昔あれほど熱中したギター。 大人になって再開したのはいいけれど,いつまでも初心者のあたりをうろうろ。でも楽しいです。 まぁ言ってみれば,練習ブログ。 もう一つのブログもあるので更新はときどきってことで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

これってまるで僕みたい

またまたYouTubeで面白い映像を見つけました。

なんと,あのエディ・ヴァンヘイレンがリッチー・ブラックモアのリフを遊び弾きしています。
ベースとのアンサンブルも楽しそう。



最初はハード・ラヴィン・マン。次はスピード・キング。最後はスペース・トラッキン。
はじめの2曲はイン・ロックから。
スペース・トラッキンはマシン・ヘッドのアルバムからですね。

エディもリッチー好きだったのかな。
こういうのを見ていると,高校のときの自分を見ているような気がします。
エドワード・ヴァンヘイレン様と比較するのもおこがましい話ですが。

友達とギターで遊んでいて,「ねぇねぇ,これ知ってる?」とワンフレーズ。
「知ってるよ。カッコイイよね」「じゃあ,これは?」と,とりとめのない時間が過ぎていきます。
でも,すごく楽しかった時間でした。

いつ頃の映像かは分かりませんが,風貌からするとまだ若いし,
ギターの感じからして,80年代から90年代だと思われます。

表情を見ているとホント楽しそうです。
ギター,好きなんだろうなぁ。

それにしても,リッチー・ブラックモアのリフって,何となく弾いてみたくなるんですよね。
そういう魔力があります(^^;)

もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Guitarists | コメント:0 | トラックバック:0 |

サンタナが来る

来月じゃないですか!
ツアーの日程はこのようになっています。

盛岡
2017年4月22日(土) 盛岡市民文化ホール
大阪
2017年4月24日(月) 大阪市中央体育館
名古屋
2017年4月25日(火) 名古屋国際会議場センチュリーホール
東京
2017年4月27日(木) 日本武道館


盛岡に来るんですね…。
行きたいけど,この日は出張で行けません。

そして,来日を期に73年の初来日時のライブアルバム「ロータスの伝説」の「完全版」がリリース(4/19)されるそうです。
わたし,「完全版」に弱いんですよね…。

サンタナフリーク,というわけではありませんが,どちらかというと好きなギタリストの一人です。
曲もホールド・オンとかブラック・マジック・ウーマンとか,好きですねぇ。
もちろんギターを弾く者なら一度はコピーにトライする「哀愁のヨーロッパ」も。

この人はピッキングが強い独特のタッチで,曲を知らなくても一発でサンタナだ!ってわかります(^^)

サンタナの曲を聴くと,何だか小さいことでくよくよ悩むことが馬鹿らしくなって,
「ま,いっか!!」
と思ってしまいます。

やはり「ラテン」ということなんでしょうかね。

最近のプレイを探してみました。
去年のモントルーでのライブのようです。



ゴールドのレス・ポールを気持ちよさそうに弾くサンタナ。
プレイが若いですね~。

そして,ドラムは奥さんのシンディ・ブラックマン。
50ウン歳とは思えないパワフルなプレイ。
素晴らしいです。

うーん,こういうのを見ると行きたくなるじゃありませんか(^^)



もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村






Guitarists | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジェフ・ベックはやはり「Blow by Blow」につきます。

今朝もウォーキングをしてきました。
日の出が早くなり,いつもの眺めの良い場所からの朝焼けの表情も変わってきました。

IMG_1107.jpg


いつものように音楽を聞きながら1時間。至福のひとときです。
そしたら,不思議な事が。
ちょうど家に着いたときの曲が昨日も今日もジェフ・ベックのアルバム「Blow by Blow」の曲。
たまたまなのでしょうが,面白いですね。

昨日はYou Know What I Mean 。
今日はConstipated Duck 。

どちらも名曲です。
75年の作品ですが,全く古さを感じさせません。

センスの良いアレンジも相まってかっこよさの固まりのような捨て曲なしの名盤。
ヤード・バーズ,ジェフベックグループ,ベック・ボガード&アピス…とさまざまなユニットでキャリアを重ねてきたジェフ・ベックですが,私はこの時期のフュージョンっぽいテイストに転向したこの時期のジェフ・ベックが一番好きですね。

特に私はこのアルバムのScatterbrainが印象深いですね~。
スリリングなドラムに続きカッコイイリフが静かに入ってきます。
高校生の時に一所懸命練習したことを思い出します。
変拍子で難しいんですけど運指の勉強になりましたね~。



カッコイイじゃありませんか。このジャケットのイラストもイイんですよね~。

Blow by Blowの意味は「繊細」。
まさにベックの繊細かつダイナミックな魅力満載の渾身の一枚です。

まだまだ元気に活躍しているジェフ・ベック。
先月も日本公演を果たしました。
仙台にも来てたんですけどね~。
今はどんなプレイをしているのでしょうか。


もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村




Guitarists | コメント:0 | トラックバック:0 |

こちらの方もホレボレと聴いてしまいます。

今日の記事で触れた女性ギタリストJess Lewisさん。

こちらの動画も聴き入って,見入ってしまいます。

余計なコメントなしで楽しみましょう。




もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村






Guitarists | コメント:0 | トラックバック:0 |

気持ちイイ~

先週はものすごく忙しく,さらに夜は夜で予定がぎっしり。

3連休初日の昨日も仕事の整理で出社。

自らこんなスケジュールにしたので自業自得なのですが,

正直かなり疲れがたまりました。


しかし,今日は完全オフ。


こんな朝にコーヒーでも飲みながらこんなプレイを聴くと,

体から疲れがスーッと抜けていくみたいです。





しかし,この女性のプレイ,どうでしょう!

正直,ラリー先生よりも…(自粛)

テクニックもエモーションも素晴らしい。もちろんサウンドも。

この曲は心地よい歪みがかかっていますが,ナチュラルトーンで奏でる曲も絶品。


どんな人かと思って調べましたが,いまいち良く分からず。

年齢は10代後半?Jess Lewisさんというイギリス人らしいです。

ギターをはじめた当初はジョー・サトリアーニやポール・ギルバート,スティーブ・ヴァイといったギタリストが

好きだったみたいです。


ただ,プレイスタイルはジャズやクラシックっぽい。

フォームも独特です。

唯一見つけたプロフィールを見ると,その後ジャズやフュージョンに傾倒していったようです。


アマゾンで検索しましたが,ヒットせず…。

プロにはなっていないのでしょうか。

アルバムが出ていたら即買いなんですけどね~。



もし、よろしかったら…クリックを。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村




Guitarists | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。